スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TeBr的魔法戦士生活

PS4版も無事リリースされ、2鯖以外では混雑や満員表記を見る事も多くなってきました。
このブログも有難い事に多くの方に見て頂けているようで、ゲーム内で「ブログ見た事あります」と言って頂け嬉しくなる事もありました。

最近、PSO2のとある魔法戦士コミュニティに参加させて頂き、魔法戦士と言っても様々な形があると改めて実感致しました。
そろそろ新規さんも最序盤を過ぎ、自分の方向性を見い出している頃かと思います。
そんな新規さんを茨の道に引き込むに向けた記事を書くのは今しかないと思いこの記事をアップする事にしました。
PSO2で魔法戦士をやってみたいけどどうやったらいいのか解らない、そんな方に読んで頂けるとお役にたてるかもしれません。

○改めて、魔法戦士って?

魔法戦士と聞くと武器による物理攻撃も魔法も両方得意とし、様々な状況に対応出来る職業を連想する方が多いのではないのでしょうか?
魔法と武器と一言で言っても、その戦闘スタイルには様々な選択肢があります。
魔法を連続技の一部として組み込むスタイル、
魔法や近接や属性を引き出しの一つとして状況により使い分けるスタイル、
魔法は補助や動作阻害・状態異常に留めるスタイル、
特定の武器や魔法に魅力を見出し、それをメインとした戦術をとるスタイル、
等々、これらを一つの定義に当てはめる事自体が無理な事なのかもしれませんが、
どのスタイルも一筋縄で無いがゆえに、己のスタイルに自信を持ち、皆育成を楽しんでいる事は共通しています。
魔法戦士をしてみたいけどネットゲームでは弱そうだから、、、そんな方に声を大にして言いたいです。
魔法戦士を諦めないでください
育成は確かに大変ですがその向こうには何物にも代えがたい達成感と楽しさがあります!!


○何を残し、何を捨てるか
どういうスタイルにしても魔法戦士は特化職が全力で攻撃した際の火力には遠く及びません。
というか及んだら特化職の立つ瀬がありません。
恐らく魔法戦士を取り扱うブログでは必ず書かれていると思いますが、魔法戦士は火力を重視したスタイルではありません。

ですが、そうは言っても敵を倒すゲームである以上、限られた条件の中でどう戦うかは常について回る問題です。
どういう育成をすればいいのかを決める際には、どうしても知識が必要になります。
捨てるものと得られるものが実際ゲームとしてどれだけ影響があるのか、そもそもどんな選択肢があるのか、
これらを調べたり聞いたり実験したりし、だんだん理想のキャラクターに近づける作業を楽しめるか、これも魔法戦士には重要な事です。
実はこのブログもその試行錯誤の結果を残そうとしたのが始まりです。
魔法戦士に憧れを持つ同士の方、一緒に理想のキャラクターを作り上げる過程を楽しんでみませんか?

○全属性型TeBrという選択肢
テクターはウォンドによる打撃攻撃と補助を得意とするテク職です。
この一文から既に器用貧乏感が出ていますが、火力を伸ばすスキルが乏しいのがこの手のクラスのお約束です。
数少ない火力スキルの一つ、エレメンタルウィークヒットは弱点属性を突いたときのみ適用されます。
ウォンドは全属性を揃えてからが本番、と言われるのはこの辺の事情があります。

サブクラスのBrのスキルの一つであるウィークスタンスは、弱点を突くという制限と引き換えに大きな攻撃倍率をもたらすスタンスです。
しかしこのスタンス、実は「法撃属性の攻撃は弱点属性を突く事で効果が乗る」という仕様になっています。
テクターで言えばテクニックとウォンドの法撃爆発ですね。

ここまで読んでお気づきでしょうか。
どうせTeで全属性ウォンドを用意しなきゃいけないのなら、ウィークスタンスの条件もクリアしたも同然!
全属性ウォンドがあるなら対応した属性も武器パレにセットしちゃえば武器を切り替えるだけでどの属性にも対応できるじゃん!
と言うわけでパレットに全属性と属性ごとのテクのセットを目指したのが私の泥沼TeBrの始まりでした。
これをこじらせて全属性☆13にするわその内2本はオフスティアだわテクカスは全レシピ解放するわえらい目に会いました
なにそれ楽しそうと思った方はドM魔法戦士適正が高いと思われます。

他にもいろいろありますので簡単に羅列します。
・アタックアドバンスでウォンドの打撃部分も強化される。弱点属性で弱点箇所を殴った時面白いダメージが出る。
・Br側のSPが余りやすいのでステップ関係や、何なら無駄にステアップなんかも取れる。
・技量やクリティカル率が上げやすいのでウォンドリアクターと相性がいい。青ダメいっぱいで気持ちいい。
・Jリバーサルカバーで吹っ飛ばされてもHP20%回復。
・スナッチステップでゾンディール後ステップでエネミーをひるませられる。
・スナッチJAコンボでステップにJAリングが発生。ステアタはもちろんJAでのテク発動の最速手段。

書いてみると改めて凄いシナジーですね。
これらの特性をフル活用するととても快適に戦闘が行え、下手をすると別クラスの時不便に感じます。

又、Te側でも光風闇はマスタリがあるので、どれか振っておくとその弱点を苦手とする相手にはテクをさらに強化出来ます。
更に、Teがメインなので複合テクも使用できます。

それより重要な事はウォンドを剣型にし打撃+追加の属性ダメージで戦う様はまさに魔法剣!
がくっときた方もいるかもしれませんがこういうこだわりが楽しいんです。

いい事ばかり書いてきましたがもちろん欠点もあります



○準備、育成が大変
正直ここが一番のネックですね。剣型ウォンドの☆13を6本集めるのは電車トリガーみたいなボーナスがあっても大変でしたし、
そこまでいかずとも例えば☆10以上の10603(+10属性60潜在3)の武器を6本集めるのは例え原価が安くても想像以上に骨が折れます。

○やはり火力を出す構成ではない
打撃やテクでSHで困らない位の火力は出ますが、動画で見るようなボスを瞬殺したりする火力はありません。
これに火力までついたら叩かれるだけなのでそれでよいですし、マッシブ乙女がある以上TeHuよりメジャーになる事は無いと思いますが。
(TeBr自体にはバニテクという手段もありますが、全属性型とは若干変わってきます。)

○どうしようもない場面もある
実は、この構成にはどうしようもなく持久戦を強いられる場面があります。

・エネミーに弱点属性が無い場合
ドラゴンエクスやクォーツの部位破壊前、エクスでオーダー失敗時、最近だと大和の前半戦後半もそうですね。
ゲームの難易度自体がそこまで高くないので実際に詰むまではいかない事が多いですが、ダメージが悲しい事になります。
アベレージスタンスを取っても良いですがこの為だけに取るのも微妙な所です。

・エネミーに耐性がついた場合
エクスでオーダー失敗時かアンガ戦で発生する事があります。
属性耐性は厳しいけどまだ良いですが、ウォンド耐性だけはどうしようもありません。
幸いアルチソロでもしなければ補助でお茶を濁せば何とかなりますが、攻撃面では完全に手も足も出ません。

これらの状況に遭遇したらソロなら諦めるか泥仕合を覚悟する、マルチなら他人任せにするしかありません。
(それでも補助では貢献出来るのがこの構成の利点です)
アンガにウォンド耐性が付くという状況に嫌な予感を感じても気のせいです。

TeBrについての解説はこちらも参照してください。
サブクラス③ ブレイバー編

近日中に最新環境についての記事をアップしたいと思ってます。
スポンサーサイト

Comment

  • 2016/05/21 (Sat) 13:31
    ひいらぎ&キサラギ&sakuragi #- - URL
    いっそ火力なんて捨ててカチ支援…

    相変わらずの見れば見るほど……修羅の道のり…
    真似はしたくないな…デキナイケド

    見てる限りはダメ多く入ってるようにみえるがケッコージリビンもあるのか……

    そんならんさんに…カチ支援特化!!(オススメハシナイケド

    防御、支援に特化!!
    戦闘ではほぼ死ぬことがない!XHでダメージ二桁何てある凄い職です(宣伝

    え?火力?シランガナ

  • 2016/05/22 (Sun) 11:49
    刃渡 #- - URL
    No title

    もっと前からコメントを書きたかったんですけど、ずるずると遅れてしまいました。
    こちらでは初コメントになります。

    全属性型Te/Br……こうして詳しく読ませていただくと、確かに親和性が高いですね。
    私もウォンドギア自体は嫌いではなく、あのバフンバフン殴る感じは好きだったりします。
    別キャラにサブウェポンとして持たせて、時々バフンバフン殴ってます。
    サブキャラのサブ武器なので、さすがに全属性揃えるまではしてないですけど。

    多分、メインTeをやろうって人は、実践するかどうかはともかく、一度は全属性型を考えると思うんですよ。
    だけど、やっぱり6色のウォンドを集めるって、ハードルが高いって感じちゃうんですよね。
    まして☆13。がっつり強化して使うとなると、なかなかに気が遠くなります。
    それでもそれを実践して実現させるのは、偏に意志の力と言えるでしょう。

    色々な魔法戦士の方とお話しさせていただいていますが、みなさんに共通するのは「強いこだわりを持っていること」だと感じます。
    そして、道を貫くだけの意志。

    ランカードさんを始め、今、魔法戦士の方々が集結しつつあるのも、お互いに深いところで相通じるものを感じているからなのかもしれません。
    道は違っても、形は違っても、独りではない。
    より多くの魔法戦士がそう感じられるようになればいい。そう思っています。

  • 2016/05/22 (Sun) 16:37
    ランカード #- - URL
    Re: いっそ火力なんて捨ててカチ支援…

    >ひいらぎさん
    コメントありがとうございます!
    カチまで回す装備が、、、てのは置いといて絶対死なないカチも一つの方向性ではありますよねw
    弱点が属性も箇所も無いとホンキでぐだりますw
    まあシチュエーションは多くないのが救いですが。
    多くないけど特定の敵ではありえるっちゃありえますしね。

  • 2016/05/22 (Sun) 16:50
    ランカード #- - URL
    Re: No title

    >刃渡さん
    コメントありがとうございます!
    最近本当にいろいろとお世話になってます。
    全属性13を揃えて全テクニックをカスタムして、、、と私はこのクラスが好きなので楽しくやれましたが、
    そうでもなければなかなか難しい事は自覚しています。
    それは魔法戦士の皆さんのスタイルも同様だと思います。
    皆さんがこだわりを持って、そのこだわりの方向が魔法戦士という方向を向いている集まりが楽しくないはずないですよね。
    そんな場を作っていただいた刃渡さん及びコミュの先輩の方々には本当に感謝しています。

  • 2017/02/24 (Fri) 06:44
    サラ #- - URL
    コメント・・?

    初めまして。ウォンド殴りTeメインでやっています。ほとんど攻撃テクニックを運用しないスタイルでやっているので魔法戦士ではないかもしれません。TeBrの運用は非常に参考になりました。もともと近接やってましたので、始めたときからTeHuでやってましたのでTeBr良いなあと思って見てましたが、どうしても攻撃テクニックを織り交ぜるスタイルなので、Foなどでテクニックの運用を練習したり、カスタマイズ厳選をしたり、法撃寄りに盛ったユニットを作ったりして漸く作ってみたのですが、、最近TeHuでフォームサイズを揃えたせいなのか、未だ私のTeBrでの立ち回りが下手なのか、現状TeBrにかえてもフォームサイズもたせたTeHuとあまり違いが感じられない印象でした。もう少しテクニックの運用を上手くやった方が良いんでしょうか。

  • 2017/02/24 (Fri) 19:16
    ランカード #- - URL
    Re: コメント・・?

    >サラさん
    初めまして、コメントありがとうございます!
    このブログを参考にて頂いたみたいでとても嬉しいです!
    さて、TeBrの現在の立ち位置は、趣味的な部分を考慮せず強さのみで言えば残念ながらTeHuに道を譲っている状態と言えます。
    元々フォームサイスやリングが無い状態でも、ヒューリーが打撃と法爆両方に乗る事、マッシブ乙女の不沈艦っぷりで、(=安定して補助を撒ける事でもある)、決してTeBrに劣るものではありませんでした。
    そこにフォームサイスやアタックアドバンス・ステップJA等のリングが実装されたわけですので、現状でフォームTeHuに近い火力が出せているのであれば、火力面では恐らくTeBrのポテンシャルを十分に引き出せていると考えます。
    但し、それらのリングスキルをSPで取得出来る事、座標テクや複合テクをそれなりの威力で運用出来る事は、TeBrをやっていて便利な場面もあるのではと思います。
    ・・・と理屈では必ずしも有利とは言えない状況に置かれている事は事実ですが、続けているのは結局の所『好きだから』の一言につきますw
    ですので戦力面では必ずしも保障出来ませんが、お互い楽しいテクターライフを送れたらと思います!
    よろしければまた気軽に遊びに来てください!

  • 2017/03/05 (Sun) 02:35
    #- - URL
    No title

    開幕のポータルでシフデバしない、ニャウの剣壊した後もSuの邪魔するゾンディしてシフデバしない
    いる意味ある???

  • 2017/03/08 (Wed) 01:25
    # -
    承認待ちコメント

    このコメントは管理者の承認待ちです

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。